つなぐ会とは

  日本音楽の研究と教育をつなぐ会(略称 つなぐ会)は、日本音楽の将来のための教育の役割を重視し、研究者がコーディネーターとなって、演奏家、学校、教育行政のネットワークの構築をめざしています。

  これまで[教員の養成・採用・研修][専門家の活用][幼小教育の連携]の3チームを組織して研究と議論を重ねてきました。これまでの活動を踏まえ、3チーム横断による[しょうチーム]を新設し、伝統音楽の表現の特質や伝承方法、日本語と音楽の深い関わりなどの視点から、音楽教育における「唱歌を用いた指導の在り方」についての研究を進めました。その成果として、平成29年度にDVD付教材「唱歌で学ぶ日本音楽」を作成しました。今後は、この教材が広く活用されるよう、ワークショップを企画、実施していく予定です。

  なお、本会の合同研究事業は、平成27~30年度伝統音楽普及促進支援事業に採択され、文化庁の支援を受けて取り組んでいます。

2019年12月9日月曜日

平成30年度ワークショップⅡ 「唱歌で学ぶ日本音楽 唱歌を活用した授業から学ぼう―祭囃子―」の報告


平成30年度 日本音楽の教育と研究をつなぐ会 ワークショップ

しょうで学ぶ日本音楽

唱歌しょうがを活用した授業から学ぼう―祭囃子


平成31年2月9日(土) 13:0016:30
於:東京学芸大学附属竹早小学校 音楽室

平成29年度文化庁委託事業として当会が作成したDVD教材『唱歌で学ぶ日本音楽』を活用して、伝統音楽のよりよい音楽教育実践が進められることを願って企画したワークショップの2つ目です。当日は、天候が悪い中、60名を超える参加者があり、3年生の授業を参観後、江戸囃子と獅子舞を鑑賞したり、実際に唱歌でアンサンブルを楽しんだりして、大変充実した学びの時間となりました。

内容は以下の通りです。

 授業参観
「江戸囃子を楽しもう」
東京学芸大学附属竹早小学校 徳富健治教諭と
3年生の皆さん

Ⅱ 鑑賞
若山社中の方々による、江戸囃子『屋台』と『寿獅子』



Ⅲ 授業後の協議会
授業者 徳富健治教諭 

Ⅳ ワークショップ 
指導:若山社中 鈴木恭介氏 
江戸囃子に用いられる締太鼓、大太鼓、
篠笛、鉦の唱歌と奏法
実際に楽器でも体験


参加者の声から
 ◎子どもたちがとても楽しそうに意欲的に取り組んでいる様子が印象的でした。また、子ども同士で教えあい、意見(アドヴァイス)を活発に行っている姿が成長につながると感じました。
◎子どもたちの生き生きした感じやエネルギーをみて、「子どもの力を大切にしよう」と改めて感じました。また、子どもたちの獅子への興味の高さから、「やはり日本の芸能は総体で味わうもの」と感じました。
◎実際の演奏、踊りが鑑賞できてよかった。獅子舞を初めてみましたがとても感動しました。これはどうなっているかなど、獅子舞について知りたくなりました。
◎講師の鈴木先生、お話も面白く上手ですごく引き込まれました。技能的なことを学ぶチャンスがなかなかない中で、非常に貴重な機会となりました。
◎勤務校で保育コースがあり、つなぐ会のDVDを参考にこの祭囃子を試してみたのですが、高校生も喜んで楽しんで取り組んでいました。今日のワークショップを参考に、今後にいかしていきたいと思います。


2019年8月28日水曜日

2019年度ワークショップ「唱歌で学ぶ日本音楽―雅楽・能―」申し込み受付中

2019年度 日本音楽の教育と研究をつなぐ会ワークショップ

「唱歌で学ぶ日本音楽―雅楽・能―」

Ⅰ唱歌を活用した授業から学ぼうー雅楽ー
2019年12月7日(土)14:00~17:30
東京学芸大学附属世田谷小学校(参加費無料) 
Ⅱ唱歌を活用して伝統音楽を学ぼうー能ー
2020年2月8日(土)14:00~18:00
お茶の水女子大学(参加費1,000円) 

・詳細はチラシ(雅楽)をご覧ください。
・お申し込みはこちらからどうぞ。




2019年1月2日水曜日

2018年度ワークショップ「唱歌で学ぶ日本音楽Ⅱ 唱歌を活用した授業から学ぼうー祭囃子ー」申し込み受付中

2018年度 日本音楽の教育と研究をつなぐ会 ワークショップ
しょうで学ぶ日本音楽Ⅱ
しょうを活用した授業から学ぼうー祭囃子ー

2019年2月9日(土)開催
定員に達した為、
お申込みは締め切りました


2018年12月28日金曜日

唱歌のDVD教材  近刊のお知らせ 『唱歌で学ぶ日本音楽』(DVD2枚付)

しょうで学ぶ日本音楽』(DVD2枚付)
音楽之友社[音楽指導ブック]より2019年3月刊行予定!

詳しくは、こちらのチラシデータ(pdf)をご覧ください。

平成30年度ワークショップⅠ 「唱歌で学ぶ日本音楽 唱歌を活用して伝統音楽を学ぼう―長唄―」の報告

平成30年度 日本音楽の教育と研究をつなぐ会 ワークショップ
しょうで学ぶ日本音楽Ⅰ
しょうを活用して伝統音楽を学ぼう―長唄―

平成30年12月23日(日) 13:00~16:00
於:お茶の水女子大学 共通講義棟2号館102室

平成29年度文化庁委託事業として当会が作成したDVD教材『唱歌で学ぶ日本音楽』を学校現場で活用していただき、伝統音楽にかかわるよりよい音楽教育実践が進められることを願って企画したワークショップです。当日は、小、中、高、大学の教員、大学生、一般の方合わせて56名の参加者があり、唱歌をうたったり演奏を鑑賞したり、熱気あふれる学びの時間となりました。

内容は以下の通りです。

Ⅰ 授業発表
「三味線の特徴を捉え、口三味線を生かして長唄を奏でよう」
杉並区立阿佐ヶ谷中学校 阿部みどり教諭

  体験
長唄『小鍛冶』より「拍子の合方(縮小版)」の口三味線
「虫の音の合方」「佃(つくだ)の合方」などの口三味線
指導:杵屋三澄那(三味線演奏家)


Ⅱ 演奏
長唄『小鍛冶』の曲紹介と抜粋版演奏
東音山田卓(唄)杵屋三澄那(三味線)望月晴美(囃子) 安倍真結(囃子)

  体験 
長唄『小鍛冶』より一部分(「伝え聞く」という部分の唄と三味線の唱歌)


Ⅲ 演奏 
「石段の合方」の曲紹介と演奏
杵屋三澄那(三味線)望月晴美(囃子) 安倍真結(囃子)

  体験
「石段の合方」の小鼓と大鼓の唱歌と手拍子による演奏

Ⅳ 演奏
長唄『勧進帳』より抜粋
東音山田卓(唄)杵屋三澄那(三味線)望月晴美(囃子) 安倍真結(囃子)

参加者の声から
  • 前半、学校現場での実践報告、後半は講師によるワークショップという2本立てだったので、自分が現場でどう取り入れていったらいいか、イメージを持ちやすかった。(小学校教諭)
  • 演奏家の皆さまから直接教えて頂くのは、本当に大切なことだと、身に染みました。ちょっとしたニュアンスや所作、呼吸などに日本音楽の良さが詰まっていて、そこを大切にしたいなぁとつくづく思いました。教えている側がその音楽の良さをどう捉えているかで、子ども達への伝わり方が大きく変わってしまいます。私も学び直したいなぁとつくづく思います。 (中学校教諭)
  • さっそく授業に取り入れることができる内容で、大変有益であった。(高校教諭)


*このワークショップの模様は、音楽之友社『教育音楽』(小学校・中高版)3月号「トピック」に掲載予定です。